FC2ブログ
自動車保険 補償
スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【自動車保険】【補償】 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
最近私の周りでよくこのような話がよく聞かれます。
「こんなに保険料が安くなるのに今までいったい何だったんだろう?」
ごもっともです。
日本は先進国に比べ、金融商品、保険商品の自由化が遅れていました。
保険自由化の始まりから数年した今、ようやく保険会社により自動車保険が安い会社、火災保険が安い会社など特色が現れてきました。
保険種類により保険会社を分ける時代が到来したのです。
この不景気の中、今までと同じ保険は非常にもったいない事です。
毎年毎年、保険料が安くなるチャンスがあるのです。チャンスをゲットしましょう!

ポイント1.条件を工夫する
自動車保険は特約、制限条件(年齢、使用目的、年間走行距離、ゴールド免許)などを工夫することで保険料が数万円安くなることはよくある事です。


ポイント2.見積もりを取り、比較し、安い保険会社を選ぶ
ほとんど同じ補償でも、保険会社により保険料がまったく違います。
先日私の自動車保険をM社からS社(ダイレクト型)に切り替えました。なんと47パーセントも安くなりました。
私の自動車保険の条件がS社にフィットしたのでしょうね。もし一括見積もりサービスをしていないとわかりませんでした。
もう少しで毎年5万円も高い保険料を払い続けるところでした。
みな様も是非一度一括見積もりサービスを体験されることをお勧めします。もちろん無料です。


ポイント3.※場合によっては「付き合いのある代理店さんから入らないといけないから」などの声が聞かれます。
そんな場合も大丈夫です。付き合いのある保険代理店さんに安い見積もりを見てもらいましょう。
保険代理店さんもプロですから保険に関する沢山の知識、ノウハウをお持ちです。
そのノウハウを教えてもらわない事はとてももったいない事なのです。
安い見積もりに近づける方法は保険代理店さんは必ずお持ちなのです。ぜひ頑張ってもらいましょう!


そのために役立つのが一括見積もりサービスです。
一度に数社の保険会社の自動車保険の見積もりを取ってくれるサービスです。自動車保険料を比較するのに大変便利なツールです。
しかも、試算は完全無料ですから気楽にできてうれしい限りです。
無料見積もりを取ることでこれからの数年で貯金できること間違いなしです。
是非やってみてください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

スポンサードリンク

無保険車傷害保険特約とは?

無保険車傷害保険特約とは?

無保険車傷害保険とは、対人保険の付いていない車や保険金額が十分で無い車などとの事故により、運転者や搭乗者が死亡または後遺障害を被むった場合に支払われる保険です。

無保険者障害保険は,「傷害」ではなく「障害」が対象です。
つまり,後遺障害を残すケース,または,それより酷い死亡のケース,が対象です。

この特約は対物保険に加入すると自動的に付帯されます。

無保険とは,任意保険に入っていない状態を言います。
自賠責保険の加入の有無は問いません。
希なケースですが,任意保険には入っているものの自賠責だけが切れていたケースは対象外です。
原付の自賠責切れが一番想定し易い状況です。
このケースでは適用されません。



【自動車保険】【補償】 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
最近私の周りでよくこのような話がよく聞かれます。
「こんなに保険料が安くなるのに今までいったい何だったんだろう?」
ごもっともです。
日本は先進国に比べ、金融商品、保険商品の自由化が遅れていました。
保険自由化の始まりから数年した今、ようやく保険会社により自動車保険が安い会社、火災保険が安い会社など特色が現れてきました。
保険種類により保険会社を分ける時代が到来したのです。
この不景気の中、今までと同じ保険は非常にもったいない事です。
毎年毎年、保険料が安くなるチャンスがあるのです。チャンスをゲットしましょう!

ポイント1.条件を工夫する
自動車保険は特約、制限条件(年齢、使用目的、年間走行距離、ゴールド免許)などを工夫することで保険料が数万円安くなることはよくある事です。


ポイント2.見積もりを取り、比較し、安い保険会社を選ぶ
ほとんど同じ補償でも、保険会社により保険料がまったく違います。
先日私の自動車保険をM社からS社(ダイレクト型)に切り替えました。なんと47パーセントも安くなりました。
私の自動車保険の条件がS社にフィットしたのでしょうね。もし一括見積もりサービスをしていないとわかりませんでした。
もう少しで毎年5万円も高い保険料を払い続けるところでした。
みな様も是非一度一括見積もりサービスを体験されることをお勧めします。もちろん無料です。


ポイント3.※場合によっては「付き合いのある代理店さんから入らないといけないから」などの声が聞かれます。
そんな場合も大丈夫です。付き合いのある保険代理店さんに安い見積もりを見てもらいましょう。
保険代理店さんもプロですから保険に関する沢山の知識、ノウハウをお持ちです。
そのノウハウを教えてもらわない事はとてももったいない事なのです。
安い見積もりに近づける方法は保険代理店さんは必ずお持ちなのです。ぜひ頑張ってもらいましょう!


そのために役立つのが一括見積もりサービスです。
一度に数社の保険会社の自動車保険の見積もりを取ってくれるサービスです。自動車保険料を比較するのに大変便利なツールです。
しかも、試算は完全無料ですから気楽にできてうれしい限りです。
無料見積もりを取ることでこれからの数年で貯金できること間違いなしです。
是非やってみてください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

スポンサードリンク

便利な他車特約知ってました?

便利な他車特約知ってました?

他車運転特約とは?

「他車運転危険担保特約」は、知人の自動車を借りて起こした事故を補償する特約で、通常は「対人・対物保険」、「車両保険」に自動付加されています。

自動車事故は、自分の自動車を運転しているときだけでなく、他人の自動車を借りて運転しているときに、起こしてしまうことがあります。
借りた自動車を運転するときは、いつも以上に慎重になりますが、どんなに気をつけていても、起きてしまうのが自動車事故です。
しかし、通常の「他車運転危険担保特約」では、借りた自動車の保険で保障が不足するときに、補う形で利用されます。
最近の保険では借りた自動車の保険に優先して支払える保険があるので便利ですね。
今のご自分の補償を調べてみましょう。

【自動車保険】【補償】 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
最近私の周りでよくこのような話がよく聞かれます。
「こんなに保険料が安くなるのに今までいったい何だったんだろう?」
ごもっともです。
日本は先進国に比べ、金融商品、保険商品の自由化が遅れていました。
保険自由化の始まりから数年した今、ようやく保険会社により自動車保険が安い会社、火災保険が安い会社など特色が現れてきました。
保険種類により保険会社を分ける時代が到来したのです。
この不景気の中、今までと同じ保険は非常にもったいない事です。
毎年毎年、保険料が安くなるチャンスがあるのです。チャンスをゲットしましょう!

ポイント1.条件を工夫する
自動車保険は特約、制限条件(年齢、使用目的、年間走行距離、ゴールド免許)などを工夫することで保険料が数万円安くなることはよくある事です。


ポイント2.見積もりを取り、比較し、安い保険会社を選ぶ
ほとんど同じ補償でも、保険会社により保険料がまったく違います。
先日私の自動車保険をM社からS社(ダイレクト型)に切り替えました。なんと47パーセントも安くなりました。
私の自動車保険の条件がS社にフィットしたのでしょうね。もし一括見積もりサービスをしていないとわかりませんでした。
もう少しで毎年5万円も高い保険料を払い続けるところでした。
みな様も是非一度一括見積もりサービスを体験されることをお勧めします。もちろん無料です。


ポイント3.※場合によっては「付き合いのある代理店さんから入らないといけないから」などの声が聞かれます。
そんな場合も大丈夫です。付き合いのある保険代理店さんに安い見積もりを見てもらいましょう。
保険代理店さんもプロですから保険に関する沢山の知識、ノウハウをお持ちです。
そのノウハウを教えてもらわない事はとてももったいない事なのです。
安い見積もりに近づける方法は保険代理店さんは必ずお持ちなのです。ぜひ頑張ってもらいましょう!


そのために役立つのが一括見積もりサービスです。
一度に数社の保険会社の自動車保険の見積もりを取ってくれるサービスです。自動車保険料を比較するのに大変便利なツールです。
しかも、試算は完全無料ですから気楽にできてうれしい限りです。
無料見積もりを取ることでこれからの数年で貯金できること間違いなしです。
是非やってみてください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

スポンサードリンク

搭乗者傷害保険って必要?人身傷害保険とは何?

搭乗者傷害保険ってご存知ですか。
以下の内容になります。

誰を補償するのか?・・・運転手または同乗者。
いつ補償するのか?・・・契約車に搭乗中の事故。
何を補償するのか?・・・怪我をして病院に入院通院した日数または怪我した部位症状により支払い。

となります。大切な補償ですね。


それでは人身傷害保険ってご存知ですか。
以下の内容になります。

誰を補償するのか?・・・運転手または同乗者。
いつ補償するのか?・・・契約車に搭乗中の事故。タイプにより交通事故全般。
何を補償するのか?・・・病院にかかった費用。交通費などの費用も含む。

みなさん、それぞれご加入の場合がほとんどです。
毎年、事故に会い病院にかかれば両方契約するとお徳になります。
が、5年に一度、10年に一度、今まで使ったことがないとなると・・・。

保険会社任せにせず、よく考えましょうね。 【自動車保険】【補償】 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
最近私の周りでよくこのような話がよく聞かれます。
「こんなに保険料が安くなるのに今までいったい何だったんだろう?」
ごもっともです。
日本は先進国に比べ、金融商品、保険商品の自由化が遅れていました。
保険自由化の始まりから数年した今、ようやく保険会社により自動車保険が安い会社、火災保険が安い会社など特色が現れてきました。
保険種類により保険会社を分ける時代が到来したのです。
この不景気の中、今までと同じ保険は非常にもったいない事です。
毎年毎年、保険料が安くなるチャンスがあるのです。チャンスをゲットしましょう!

ポイント1.条件を工夫する
自動車保険は特約、制限条件(年齢、使用目的、年間走行距離、ゴールド免許)などを工夫することで保険料が数万円安くなることはよくある事です。


ポイント2.見積もりを取り、比較し、安い保険会社を選ぶ
ほとんど同じ補償でも、保険会社により保険料がまったく違います。
先日私の自動車保険をM社からS社(ダイレクト型)に切り替えました。なんと47パーセントも安くなりました。
私の自動車保険の条件がS社にフィットしたのでしょうね。もし一括見積もりサービスをしていないとわかりませんでした。
もう少しで毎年5万円も高い保険料を払い続けるところでした。
みな様も是非一度一括見積もりサービスを体験されることをお勧めします。もちろん無料です。


ポイント3.※場合によっては「付き合いのある代理店さんから入らないといけないから」などの声が聞かれます。
そんな場合も大丈夫です。付き合いのある保険代理店さんに安い見積もりを見てもらいましょう。
保険代理店さんもプロですから保険に関する沢山の知識、ノウハウをお持ちです。
そのノウハウを教えてもらわない事はとてももったいない事なのです。
安い見積もりに近づける方法は保険代理店さんは必ずお持ちなのです。ぜひ頑張ってもらいましょう!


そのために役立つのが一括見積もりサービスです。
一度に数社の保険会社の自動車保険の見積もりを取ってくれるサービスです。自動車保険料を比較するのに大変便利なツールです。
しかも、試算は完全無料ですから気楽にできてうれしい限りです。
無料見積もりを取ることでこれからの数年で貯金できること間違いなしです。
是非やってみてください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

スポンサードリンク

原付保険?

自動車保険に加入していると、原付の保険を安く出来ることをご存知ですか?
その保険はファミリーバイク特約です。

この特約は以下の通りです。
記名被保険者、その配偶者、それらの同居の親族またはそれらの別居の未婚の子が、原動機付自動車を運転中の事故について、自動車保険のご契約内容に応じて対人賠償保険、対物賠償保険、人身傷害保険および無保険者傷害保険の保険金をお支払いすることができます。また、臨時に借りた原動機付自転車の保険に優先して保険金をお支払いすることができます。

簡単に言うと被保険者(保険が掛かっている人)とその配偶者、またそのどちらの同居の親族、また別居の未婚の子(大学で県外に出ているなど)が原付を運転する場合はファミリーバイク特約を付ければ原付にわざわざ保険に入らなくても良いのです。

特約なので保険料も安く、借りたバイクにも使えるのでかなりお得ですね。 【自動車保険】【補償】 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
最近私の周りでよくこのような話がよく聞かれます。
「こんなに保険料が安くなるのに今までいったい何だったんだろう?」
ごもっともです。
日本は先進国に比べ、金融商品、保険商品の自由化が遅れていました。
保険自由化の始まりから数年した今、ようやく保険会社により自動車保険が安い会社、火災保険が安い会社など特色が現れてきました。
保険種類により保険会社を分ける時代が到来したのです。
この不景気の中、今までと同じ保険は非常にもったいない事です。
毎年毎年、保険料が安くなるチャンスがあるのです。チャンスをゲットしましょう!

ポイント1.条件を工夫する
自動車保険は特約、制限条件(年齢、使用目的、年間走行距離、ゴールド免許)などを工夫することで保険料が数万円安くなることはよくある事です。


ポイント2.見積もりを取り、比較し、安い保険会社を選ぶ
ほとんど同じ補償でも、保険会社により保険料がまったく違います。
先日私の自動車保険をM社からS社(ダイレクト型)に切り替えました。なんと47パーセントも安くなりました。
私の自動車保険の条件がS社にフィットしたのでしょうね。もし一括見積もりサービスをしていないとわかりませんでした。
もう少しで毎年5万円も高い保険料を払い続けるところでした。
みな様も是非一度一括見積もりサービスを体験されることをお勧めします。もちろん無料です。


ポイント3.※場合によっては「付き合いのある代理店さんから入らないといけないから」などの声が聞かれます。
そんな場合も大丈夫です。付き合いのある保険代理店さんに安い見積もりを見てもらいましょう。
保険代理店さんもプロですから保険に関する沢山の知識、ノウハウをお持ちです。
そのノウハウを教えてもらわない事はとてももったいない事なのです。
安い見積もりに近づける方法は保険代理店さんは必ずお持ちなのです。ぜひ頑張ってもらいましょう!


そのために役立つのが一括見積もりサービスです。
一度に数社の保険会社の自動車保険の見積もりを取ってくれるサービスです。自動車保険料を比較するのに大変便利なツールです。
しかも、試算は完全無料ですから気楽にできてうれしい限りです。
無料見積もりを取ることでこれからの数年で貯金できること間違いなしです。
是非やってみてください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

スポンサードリンク

年齢条件の範囲は?

年齢条件の範囲は?

年齢条件は保険会社により変わりますが、ほとんどの保険会社が
全年齢、21歳以上担保、26歳以上担保、30歳以上担保、35歳以上担保
と5段階に分かれています。

年齢条件35歳以上で親戚(22歳)が運転するには年齢条件を変えないといけないのでしょうか?
いいえ、年齢条件は同居家族の年齢条件であり、家族以外には適用しないのです。

しかし、ご注意を!家族限定など、限定をしていると家族しか運転することが出来ません。 【自動車保険】【補償】 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
最近私の周りでよくこのような話がよく聞かれます。
「こんなに保険料が安くなるのに今までいったい何だったんだろう?」
ごもっともです。
日本は先進国に比べ、金融商品、保険商品の自由化が遅れていました。
保険自由化の始まりから数年した今、ようやく保険会社により自動車保険が安い会社、火災保険が安い会社など特色が現れてきました。
保険種類により保険会社を分ける時代が到来したのです。
この不景気の中、今までと同じ保険は非常にもったいない事です。
毎年毎年、保険料が安くなるチャンスがあるのです。チャンスをゲットしましょう!

ポイント1.条件を工夫する
自動車保険は特約、制限条件(年齢、使用目的、年間走行距離、ゴールド免許)などを工夫することで保険料が数万円安くなることはよくある事です。


ポイント2.見積もりを取り、比較し、安い保険会社を選ぶ
ほとんど同じ補償でも、保険会社により保険料がまったく違います。
先日私の自動車保険をM社からS社(ダイレクト型)に切り替えました。なんと47パーセントも安くなりました。
私の自動車保険の条件がS社にフィットしたのでしょうね。もし一括見積もりサービスをしていないとわかりませんでした。
もう少しで毎年5万円も高い保険料を払い続けるところでした。
みな様も是非一度一括見積もりサービスを体験されることをお勧めします。もちろん無料です。


ポイント3.※場合によっては「付き合いのある代理店さんから入らないといけないから」などの声が聞かれます。
そんな場合も大丈夫です。付き合いのある保険代理店さんに安い見積もりを見てもらいましょう。
保険代理店さんもプロですから保険に関する沢山の知識、ノウハウをお持ちです。
そのノウハウを教えてもらわない事はとてももったいない事なのです。
安い見積もりに近づける方法は保険代理店さんは必ずお持ちなのです。ぜひ頑張ってもらいましょう!


そのために役立つのが一括見積もりサービスです。
一度に数社の保険会社の自動車保険の見積もりを取ってくれるサービスです。自動車保険料を比較するのに大変便利なツールです。
しかも、試算は完全無料ですから気楽にできてうれしい限りです。
無料見積もりを取ることでこれからの数年で貯金できること間違いなしです。
是非やってみてください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

スポンサードリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。